悩む女性

会社でのストレス

カウンセリング

原因や治療方法は様々です。

一定の年齢に達すると、人は社会に出て働くことが必要になります。会社で働くことにより収入を得ることができます。働いて得た収入を使って生活を送ることが出来るのです。生活を続けるためには、会社で働かなければなりません。会社で働くということは、様々な仕事を行わなくてはなりません。しかし、現在は仕事が原因でうつ病になってしまう人が増加傾向にあります。その理由は、会社で働くことによって、ストレスを感じてしまうことにあります。会社内部での人間関係によるストレスや、取引先に関するストレス、仕事に関するストレスなど様々です。これらのストレスが溜まることによってうつ病が発症するのです。

うつ病患者と接するには病気を正しく理解することが大切です。

会社には様々な性格の人が存在します。自身と相性の良い人もいれば、相性の悪人もいます。相性の悪い人とは、上手に付き合うことが大切ですが、中には、相性が合わないことによってトラブルが起こることもあります。そのトラブルによって、いじめられることやパワハラを受けることがあります。これは大きなストレスを感じます。会社での人間関係が原因になっているうつ病も存在します。

仕事内容が原因でうつ病になる人も存在します。自身の許容量を超えている仕事量を任されるときや、責任の重い仕事を任されてしまうと、人はストレスを感じやすいのです。これらの仕事は、自身を成長の為に必要なものとして任されることもありますが、本人が重荷として感じてしまうことや、適切なサポートが無ければストレスを抱え込みすぎてしまいます。サポートが回らない場合には、負担が大きくかかり、うつ病になってしまう人が多くなります。

うつ病は気分障害の1つです。眠れない、食欲がない、何事もやる気が起きないといった症状が長く続いた場合、うつ病の可能性があります。精神的なストレスや身体的なストレスが原因となることが多く、それらのストレスを重複して受けることにより、脳内の伝達物質である「セロトニン」や「ノルアドレナリン」の働きが弱くなることによって起こるといわれています。その為、原因は個人によって異なり症状や治療法は様々です。具体的な治療法としては抗うつ剤が効果的ですが、その他にストレスとなっている葛藤の解消や、葛藤状態の回避が重要といわれています。最近の報告100人に1から5人がうつ病にかかっていることが明らかにされています。

うつ病患者は年々増加しており2008年には100万人以上いるという報告もあります。周りの人でうつ病患者がいた場合どう接すればよいのでしょうか。うつ病は「心の風邪」とも言われ、誰でも発症する危険性があります。その為、うつ病を正しく理解し正しい方法で接する必要があります。まずは話をしっかりと傾聴し理解・共感します。これをカウンセリングマインドといい相手の気持ちを軽くさせる効果があります。その際、叱咤激励は逆効果です。自分を追い詰める結果となりうつ病症状を悪化させる危険性があります。また、休養を勧めるのもよいです。仕事をしているとどうしてもストレスがかかってしまうので、精神的にも身体的にも休息が必要です。うつ病は治らない病気ではありません。ストレスの根本的な原因を解決すれば徐々に改善がみられてくるものです。そのためには原因を明らかにし、正しく治療することで治る可能性は高くなります。